お知らせ  |   万仏寺ニュース  |   韓国仏教ニュース

韓国仏教 ニュース ニュース > 韓国仏教 ニュース
   寺院の法?と修行 2008-09-30 / 5973  

 
寺院では、伝統的に旧暦によって法会が行われるが、最近では日曜にも法会が一般的に開かれる。最も重要な法会は毎月旧暦の一日に行われる初日法会である。つぎは旧暦15日法会である。

また、旧暦の8日には薬師斎日、18日には地蔵斎日、24日には観音斎日祈祷法会がある。

寺院の節気法会には、七夕祈祷(旧暦7.7)、伯仲祈祷(旧暦7.15)、冬至祈祷、立春祈祷がある。併せて、仏教で尊崇している節日としては、花祭り(陰暦4.8)、出家節(陰暦2.8)、成道節(陰暦12.8)、涅槃節(陰暦2.15)がある。

信徒の信行には、寺院の法会に参加すること、礼仏を献ずること、それに布施、奉仕、参禅、看経、写経、念仏、三拝などの五体投地、真言など様々な方法がある。信行生活は寺院の法会を中心に展開され、寺での多様な修練会に参加し、修行することもある。
  
 
万仏会本部 : Tel +82-53-217-0101    Fax +82-53-756-8382
住所 : 慶尚北道永川市コジ里山46番地・永川万仏山万仏寺      Tel +82-54-335-0101     Fax +82-54-334-8900
E-mail : Lotus @ Manbulsa.org   
Korea English China